オーステンパー処理は、靭性、耐磨耗・耐衝撃性を格段に向上させると同時に、歪みや寸法変化が少ないため、ピンやスプリング等に多く用いられています。
処理方法は、鋼材を無酸化雰囲気中で800〜900℃の温度に上げ、300〜400℃の塩浴に高温焼入れを行うものです。